エタノールで消毒

エアコンクリーニングの裏技

エタノールで消毒

消毒用エタノールは、怪我をした際に消毒に使用する以外に、エアコンクリーニングにも使用することができます。

エタノールは、アルコールの一種で消毒作用があり、揮発性の高い液体です。注射をうつ前に、スッとする液体を塗りますが、あれはエタノールが揮発しやすく、肌の水分も一緒に蒸発してスッとしたように感じるのです。

エタノールは純度によって、無水エタノールや、エタノール、消毒用エタノールと、呼び方が変わります。

通常、掃除用に使用されるエタノールは、医療用消毒剤として使われる純度80%のエタノールと同じです。これは、薬局などで購入が可能で、純度が高すぎる無水エタノールは殺菌作用が無いため、掃除に使用する場合は、水で薄める必要があります。

エタノールを霧吹き等に入れて、エアコンのフィルターや汚れている部分に吹きかけると、汚れがすぐに取れます。ただ、揮発性が高いので、換気を行いながら掃除しましょう。

エタノールは、菌の繁殖も防ぐので、エアコン内部に吹きかけておくと、カビの繁殖予防の効果があります。基本的に、汚れを落とす場合は、弱アルカリ性の重曹を使用し、エタノールは重層で掃除したあとに、除菌を目的におこないましょう。

特に、エアコンの吹出し口は、湿気が多くカビの発生する確率が高いので、エタノールで除菌と予防を行います。水溶性の汚れであれば、エタノールで落ちるので、エアコンの外装等はエタノールで拭き取ると綺麗になります。

Copyright (C) エアコンクリーニングってすごい! All Rights Reserved