エアコンの風の出が悪い

エアコンクリーニングしよう

エアコンの風の出が悪い

エアコンから出ている風は、吸込み口から空気が入って、フィルター、熱交換器、ファンを通り、吹出し口から出ています。

つまり、エアコンの風は、室内の空気を吸って、冷やしてから吹出しています。エアコンが空気を吸い込む際は、空気以外にホコリ等も一緒に吸いこんでいる可能性があります。

この為、エアコンの風の流れを、ホコリや汚れが邪魔している可能性があります。

エアコンの風の通り道の入り口である、吸込み口やフィルターに、汚れやホコリが溜まると風が吸い込めなくなってしまいます。また、熱交換器にホコリや汚れが溜まると、風の通りが悪くなり、ファンが詰まると、風が出なくなります。

最終的に、吹出し口が詰まると、風量が弱くなって、風向き調整を行う羽が動かなくなる事もあります。エアコンの機能が正常に働いているときは、風の循環が正常であると言えます。

しかし、エアコン内に汚れが溜まると、空気を冷やすのではなく、汚れを冷やすことになり、電気代の無駄になるのです。見える範囲にホコリや汚れがある場合は、エアコン内部にも相当な汚れが溜まっているので、風量がいつもよりも弱くなり、風ムラが起きて、冷暖房の効果が薄れてしまう原因になります。

目に見えるファンや吹き出し口だけ掃除しても、内部は汚れが残っているので、風にムラがあったり、風力が弱まる事を改善できません。一度エアコンクリーニングを行い、風量を復活させて、エアコンの本来の働きを取り戻しましょう。

Copyright (C) エアコンクリーニングってすごい! All Rights Reserved