エアコンの臭いの原因

エアコンクリーニングしよう

エアコンの臭いの原因

エアコンの嫌な臭いの原因は、外部からの室外機の臭いと、エアコンの内部からの臭いです。

室外が原因の悪臭は、エアコン室内機からの水を排水為の、ドレンホースから下水等の臭いが浸入してくる場合があります。

ただ、室外機の臭いが室内に侵入する事よりも、室内にあるエアコン内部が悪臭の原因で在る方が多いです。エアコンから感じる悪臭の原因の多くは、エアコン内部のホコリやカビ、汚れです。

久しぶりにエアコンをつけると、ホコリやカビの混じったもやっとした臭いを、経験した事があると思います。

これは、エアフィルターやエアコン内部にホコリやカビが溜まっているからです。フィルターを外してアルミのフィンを覗くと、アルミの銀色は見えず汚れやカビで真っ黒になっているはずです。

このような、汚れやカビは悪臭の原因だけでなく、健康にも良くありません。エアフィルターや、アルミのファン部分は、スプレータイプの洗浄剤で掃除する事ができます。ただ、電気部分などに水が掛かると故障の原因にもなるので、長年掃除していなったエアコンは、一度業者にエアコンクリーニングして貰うのがいいでしょう。

エアコンクリーニングを行えば、エアコンから来る悪臭は改善されます。

室内のエアコンは、全く使用していなくても汚れが溜まるので、エアコンクリーニングした後は、なるべその状態を保つ為、エアコンを使用していなくても2週間に1度掃除を行う要にしておくと、シーズンに使用した際に嫌な臭いがしません。

Copyright (C) エアコンクリーニングってすごい! All Rights Reserved