エアコンにカビが繁殖

エアコンクリーニングしよう

エアコンにカビが繁殖

エアコンクリーニングを行わないと、カビがエアコン内に繁殖して真っ黒になります。

エアコンを久々に付けると、ホコリとカビの混ざった嫌な臭いがするのを、1度は経験した事があるかと思います。

嫌な臭いの原因は、エアコン内部に蓄積しているホコリと、繁殖して増えまくっているカビです。カビは、たださえ胞子を巻き散らかしたり、カビが不衛生な感じで息を止めたくなります。

しかし、エアコン内にカビ繁殖していると、エアコンを稼働するたびに、エアコンの風に乗ってカビが部屋中に巻き散らかされています。これは、非常に不衛生な状況なだけでなく、アレルギーの原因にもなるので注意が必要です。

エアコンにカビが繁殖する原因は、カビの栄養分となるホコリなどの汚れと、結露などの湿気が原因です。畳と違い、フローリングは細かいホコリが舞い上がりやすく、エアコン内にホコリが侵入してしまいます。

また、エアコン内部は結露が溜まりやすい為、カビにとって絶好の繁殖場所になっています。このような状況を改善するには、エアコンのフィルターを定期的に掃除する必要があります。

エアコンフィルターの汚れを掃除する事で、カビの繁殖を防ぐ事が出来ます。エアコン内が、結露しやすいのは、エアコンの冷却時に外との温度差で結露がつきます。

その為、エアコンを停止する際は、30分前後送風運転に設定し、外との温度差をなくしてやると結露が起こりにくいとされています。

Copyright (C) エアコンクリーニングってすごい! All Rights Reserved