アレルゲンの除去

エアコンクリーニングしよう

アレルゲンの除去

エアコンクリーニングを怠っていると、内部はカビやホコリが溜まってアレルゲンだらけになり、悪臭を放ったり、水漏れや機能の低下、故障の原因になります。

また、機械だけでなく、人間にとってもエアコンの汚れにはダニやカビといったアレルゲンが多く含まれ、アレルギーを引き起こす原因になります。

エアコンは室内の空気を循環させているので、掃除を怠っていると、ハウスダスや汚れを吸込んで、部屋に再び吹出す事になります。また、エアコン内は結露などで湿気が多く、カビにとっては繁殖しやすい環境です。

エアコンが風を出すたびに、内部で繁殖したカビも吐き出されています。カビは、特に小さい子供がアトピー等を引き起こす原因になったり、喘息を引き起こす確率を高めます。

エアコンを多用する夏や冬は、2週間に1度はフィルターの掃除を行う必要があります。春や秋等の長期間使用しない期間の後に、再度使用する場合は、使う前に必ず掃除を行いましょう。

エアコン内部はカビが発生しやすいので、フィルタ―を水洗いしたら必ず乾燥させてから、取り付けるようにしましょう。洗浄した後は換気をしながら、空運転を行い内部の洗浄剤が残らないよう注意しましょう。

アレルギー体質で化学物質過敏症の場合、エアコンクリーナーがアレルギー反応を起こして使えないので、スチームクリーナーを使用するようにするといいでしょう。

エアコン内に、なるべくカビを発生させない為には、冷暖房機能を使用した後、すぐに電源を切らないで、送風にして水分を無くすようにすると、湿気が溜まりにくくなります。

Copyright (C) エアコンクリーニングってすごい! All Rights Reserved