冷房と除湿の違い

エアコンの基礎知識

冷房と除湿の違い

エアコンには、冷房機能と除湿機能が付いています。

除湿にしても、部屋の空気が下げられる感じがあり、クーラーとして利用している人もいますが、除湿とクーラーの違いはなんでしょうか。

除湿とは、本来できるだけ温度を変化させずに、湿度だけを下げる目的があります。しかし、実際の機能として、除湿される量は除湿機能を使用している時よりも、冷房機能を使用している時の方が多いと言われています。

また、最近の除湿には、弱冷房除湿と再熱除湿という2種類の除湿方法があり、これらを使用する電気料金は弱冷房除湿、冷房、再熱除湿の順に高くなっています。

除湿と冷房の働きを使い分けている人は、蒸し暑く空気がジメジメしている時には除湿を使用することが多いようです。

この理由は、除湿の方が湿気がとれる事や、除湿の方が冷えすぎないといった利用から使用されていますが、このことからエアコンの機能について世間の誤解がある事がわかります。

除湿は、空気を冷やす事で、空気中の水蒸気を塊にして吸収する機能で、冷房は、除湿よりもさらに空気を冷やして、多くの水蒸気を塊にして吸収しています。

除湿効果は、冷房の方があるのです。エアコンの上手な使い方は、高めに温度設定し送風にする事が、体感気温や電気代にとって一番いいとされています。昔の冷房の場合は、冷房の方が除湿効果が弱かったですが、現代は除湿の方が、電気代も除湿効果も劣る事があります。

Copyright (C) エアコンクリーニングってすごい! All Rights Reserved