空気とは

エアコンの基礎知識

空気とは

そもそも、エアコンが調節している空気とは、何でしょうか。

空気は、地球の表面を覆っている大気の事で、大気のより地表に近い部分を空気と区別しています。空気は、地上1,000kmまでは存在し、チッ素、酸素、二酸化炭素、そしてアルゴンなどのガス類などを微量に含んだ、無色透明な混合気体です。

空気を構成する成分であるチッ素は、空気中に最も多く存在し、生物の身体を構成するタンパク質の材料になる重要な役割があります。また、空気とそのものと勘違いされる酸素は、生物の呼吸に必須の成分で、身体の栄養になります。

また、酸素を呼吸する事で吐き出されらる二酸化炭素は、植物が光合成に使用して、酸素を生成するのに必要な気体です。

空気の色は何色か尋ねると、青色と答える人が多くいますが、空気自体に色はなく大気が光を屈折して、空が青く見えているのです。空気が存在する事で、生物は呼吸することが出来ます。

また、空気と同じ大気は、太陽の熱や紫外線を吸収して刺激から地球の表面を保護しており、隕石や宇宙のチリといった落下物が地球に飛来しないようにしています。

地球には空気があるので、生物の住める環境になっていますが、月には空気がないので、太陽光線の当たる場所は100℃を超え、日陰は?200℃になってしまいます。このような寒暖差も、空気がある事で緩和されています。

通常、空気には上記の期待の他に、塵やホコリ、化学物質などが混じっています。美味しい空気などと形用される空気は、亜硫酸ガス、一酸化炭素、二酸化硫黄などの毒素の少ない空気をいいます。

Copyright (C) エアコンクリーニングってすごい! All Rights Reserved