一緒に掃除したいところ

自分でエアコンクリーニングを行う

一緒に掃除したいところ

エアコンクリーニングを行ったら、エアコンのリモコンも一緒に掃除しましょう。

エアコンの内部が汚れていれば、一緒に使っているリモコンも汚れています。特に、汚れやすい部分は、リモコンの液晶表示部分と、ボタンです。

リモコンは水が内部に入ると故障の原因になるので、乾いた布で汚れをふき取ります。汚れが付着して取れにくいボタン部分の汚れは、綿棒にエタノールを含ませて、汚れ部分をこすると、綺麗に摂る事が出来ます。

ただ、アルコールの揮発性は、機械を破壊しやすいので多量につけたり、直接かけたりしないようにしましょう。

また、リモコンを設置している天井と壁も、エアコンが空気の流れを調節している為に、ホコリ等がつきやすくなっています。天井や壁も、エアコンクリーニングのついでに、すすいで絞ったタオルで拭くといいでしょう。

天井や壁にホコリが溜まっていると、エアコン内部にもホコリが侵入しやすくなってしまいます。事前に、エアコン周辺の汚れやホコリをとっておけば、エアコン内部にホコリが溜まるのを予防してくれます。

天井等の、椅子に乗っても掃除するのが難しい場所は、ポリバタキを使用すると簡単に掃除ができます。

ポリバタキは、静電気を起こしてホコリを吸着するので、壁や天井を軽くポリバタキでなでると、肉眼では確認できない細かいホコリも吸着することができます。また、大きなホコリの塊は、思い切って掃除機で吸ってしまうのも一つの手です。

Copyright (C) エアコンクリーニングってすごい! All Rights Reserved